精力減退する年齢は?40代くらいになると男性の更年期障害

精力減退について

多くの男性が精力の衰えを実感するのは20代後半から30代前半にかけてです。衰える前であれば、性欲を感じているシチュエーションでもムラムラし ないケースや、行為の最中に元気がなくなったりするケースが増えることで実感するそうです。 男性の精力はテストステロンという男性ホルモンと関係があり、大半の男性のテ ストステロン分泌のピークは10代後半から20代前半で、そこからゆるや かに減少していきます。そして40代くらいになると男性の更年期障害が起きます。正式名称は加齢男性性腺機能低下症候群、別名LOH症候群です。精力 の減退だけでなく、記憶力の低下、睡眠障害、倦怠感などの症状もあります。男性の精力は年齢と大いに関係がありますが、生活習慣とも関係があります。 まず、ストレスはテストステロンの分泌を阻害してストレスホルモンを分泌するので、精力減退を招きます。そして、寝不足もテストステロンの分泌を減ら すので注意が必要です。さらに、食生活が乱れているとテストステロンにかかわらず、ホルモンバランスが乱れるので精力も減退します。 とくにコンビニ弁当やインスタント食品を捕りすぎると亜鉛不足になるので問題です。年齢による精力の衰えは避けられませんが、健康的な生活して、適切 にサプリメントを使用すれば精力減退を最小限に食い止めることが可能です。